関西大学 社会安全学部 水災害研究室

水災害研究室とは

津波や高潮、洪水などの水に関連した災害を対象として防災・減災の研究を行っています。また、環境問題も時間スケールの長い災害と捉えて、自然エネルギーやサンゴ礁再生などの研究も行っています。


AGU Fall Meeting 2017で以下の研究発表を行いました。(2017年12月14日)

 Hydraulic experiment on formation mechanism of tsunami deposit and verification of sediment transport model for tsunamis, Ako Yamamoto, Tomoyuki Takahashi, Kenji Harada, Masaaki Sakuraba and Kazuya Nojima

 Estimation of the Characterized Tsunami Source Model considering the Complicated Shape of Tsunami Source by Using the observed waveforms of GPS Buoys in the Nankai Trough, Shuji Seto and Tomoyuki Takahashi

 Hydraulic experimental investigation on spatial distribution and formation process of tsunami deposit on a slope, Kenji Harada, Tomoyuki Takahashi, Ako Yamamoto, Masaaki Sakuraba and Kazuya Nojima

 Numerical experiment on tsunami deposit distribution process by using tsunami sediment transport model in historical tsunami event of megathrust Nankai trough earthquake, Kentaro Imai, Daisuke Sugawara and Tomoyuki Takahashi

 Development of method for evaluating estimated inundation area by using river flood analysis based on multiple flood scenarios, Teppei Ono and Tomoyuki Takahashi

自然災害科学に以下の論文が掲載されました。(2017年12月13日)

 破堤箇所の不確かさを考慮した多数洪水シナリオによる浸水リスク評価手法の開発

第7回巨大津波災害二関する合同研究集会で以下の研究発表を行いました。(2017年12月8日)

 和歌山県に設置された海洋レーダを用いたリアルタイム津波成分抽出法の検討とその適用例,門廻充侍,藤良太郎,日向博文,高橋智幸

 津波堆積物形成に関する土砂移動モデルの検証〜移動床水理実験による単一粒径砂と混合砂の再現〜,山本阿子,高橋智幸,原田賢治,櫻庭雅明,野島和也

土木学会論文集に以下の論文が掲載されました。(2017年10月17日)

 土砂移動が及ぼす津波ハザード及び建物被害への影響-東日本大震災の宮城県気仙沼市における津波氾濫・土砂移動・船舶漂流の統合計算-

 南海トラフ地震津波を対象とした建物倒壊および災害がれきを考慮した津波被害予測モデルの適用と被害軽減効果の検討

 津波堆積物形成における粒径と外力の影響に関する水理実験

 引き波増大に及ぼす津波土砂移動及び沖合津波波形の影響評価

 チリ沿岸で発生する遠地津波を対象とした海洋レーダの観測性能に関する検討

 GPS波浪計を用いた特性化波源モデル推定法の検討とその適用例

 津波避難時における歩車の相互作用を考慮した数値シミュレーションの開発

土木学会論文集に以下の論文が掲載されました。(2017年9月21日)

 津波により陸上斜面上に形成される堆積砂分布に関する水理実験

水災害研究室を希望する2回生へ(2017年9月19日)

 「2018年度 専門演習 研究テーマ」を確認しておいてください。閲覧するためのIDとパスワードは履修要項に記載してあります。

 説明会は以下の日時に、M1001で開催します。
  10月4日(水)4限、12日(木)3限、20日(金)3限、23日(月)4限、31日(火)3限

International Tsunami Symposium 2017で以下の研究発表を行いました。(2017年8月22日)

 Basic concept and design of database on tsunami sources estimated from tsunami deposits in the Pacific coast of the Tohoku District in Japan, Tomoyuki Takahashi, Koji Kawasaki, Daiske Sugawara and Kenji Hirata

 Numerical Simulation of Composite Tsunami Hazards using Integrated Tsunami Model -Tsunami Inundation, Sediment Transport and Drifting Ships in Kesennuma City, Miyagi Prefecture during the Great East Japan Earthquake-, Kei YAMASHITA, Yoshinori SHIGIHARA, Daisuke SUGAWARA, Taro ARIKAWA, Tomoyuki TAKAHASHI and Fumihiko IMAMURA

JpGU-AGU Joint Meeting 2017で以下の研究発表を行いました。(2017年5月25日)

 Estimation of the Characterized Tsunami Source Model by Using the observed waveforms of GPS Buoys in the Nankai Trough, 門廻充侍, 高橋智幸

 Basic hydraulic experiment on tsunami sand deposits related with sand grain size and bore wave, 山本阿子, 高橋智幸, 原田賢治, 櫻庭雅明, 野島和也

第26回海洋工学シンポジウムで以下の研究発表を行いました。(2017年3月6日)

 津波統合モデルによる津波複合被害の再現シミュレーション -東日本大震災の宮城県気仙沼市で起こった津波に伴う土砂移動と船舶漂流-,山下啓,鴫原良典,菅原大助,有川太郎,高橋智幸,今村文彦

 DSMデータを用いた建物倒壊と災害がれきを考慮した津波数値解析,小園裕司,高橋智幸,桜庭雅明,野島和也

第21回関西大学先端科学技術シンポジウムで以下の研究発表を行いました。(2017年1月20日)

 マイクロ水力発電技術を利用したサンゴ成長促進に関する基礎的検討,高橋智幸

Coastal Engineering Journalの以下のSpeciall issueが発行されました。(2016年12月27日)

 Special Issue on the 5th Anniversary of the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami - Its Lessons Toward Future Tsunami Disaster Mitigation

AGU Fall Meeting 2016で以下の研究発表を行いました。(2016年12月15日)

 Hydraulic experiment on tsunami sand deposits relating with grain size distribution and magnitude of incident waves, Ako Yamamoto, Tomoyuki Takahashi, Kenji Harada and Kazuya Nojima

 Modeling of Grain Size Distribution of Tsunami Sand Deposits in V-shaped Valley of Numanohama During the 2011 Tohoku Tsunami, Aditya Riadi Gusman, Kenji Satake, Tomoko Goto and Tomoyuki Takahashi

 Activity history of giant earthquakes bring crustal movements and huge tsunamis -A case of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake (M 9)-, Tsuyoshi Haraguchi, Shoichi Shimoyma, Toshiro Yamanaka, Yuichi Yoshinaga and Tomoyuki Takahashi

Tsunami-induced morphological change of a coastal lake: comparing hydraulic experiment with numerical modeling, Daisuke Sugawara, Kentaro Imai, Yuta Mitobe and Tomoyuki Takahashi

 Development of Tsunami Numerical Model Considering the Disaster Debris such as Cars, Ships and Collapsed Buildings, Yuji Kozono, Tomoyuki Takahashi, Masaaki Sakuraba and Kazuya Nojima

土木学会論文集に以下の論文が掲載されました。(2016年11月15日)

 津波波源内の海面擾乱に関する水理実験および数値計算

 津波流入条件と沿岸湖沼地形変化量の関係に関する水理実験

 複数の移動形態を考慮した災害がれきの発生・移動予測モデルの開発

 津波作用に伴う急拡部における地形変化に関する数値計算

Coastal Engineering Journalに以下の論文が掲載されました。(2016年11月4日)

 Numerical Simulations of Large-scale Sediment Transport caused by the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami in Hirota Bay, Southern Sanriku Coast

第36回地震工学研究発表会で以下の研究発表を行いました。(2016年10月18日)

 津波により陸上斜面上に形成される堆積砂分布に関する水理実験,原田賢治,高橋智幸,野島和也

第35回日本自然災害学会学術講演会で以下の研究発表を行いました。(2016年9月21日)

 津波氾濫・土砂移動・漂流物移動の平面2次元統合モデルによる津波複合被害の再現計算 -東日本大震災の宮城県気仙沼市への適用-,山下啓,鴫原良典,菅原大助,有川太郎,高橋智幸,今村文彦

平成28年度土木学会全国大会で以下の研究発表を行いました。(2016年9月7日)

 多数洪水シナリオを用いた最適な破堤間隔に関する数値計算,大野哲平,高橋智幸

 津波波源内の断層運動に伴う海面擾乱に関する水理実験および数値計算,藤原岳大,高橋智幸

Civil Engineering Conference in the Asian Regionで以下の研究発表を行いました。(2016年8月31日)

 Tsunami source of the 2014 Iquique, Chile, earthquake and the tsunami potential on the North Chilean Coast, Yoshihiro Okumura, Tomohiro Takagawa and Tomoyuki Takahashi

可視化情報学会論文集に以下の論文が掲載されました。(2016年6月30日)

 AR技術を活用した津波リスクの可視化手法の開発

2016年日本地球惑星科学連合大会で以下の研究発表を行いました。(2016年5月26日)

 Modeling of grain size distribution of tsunami sand deposits in V-shaped valley of Numanohama during the 2011 Tohoku tsunami, Aditya Riadi Gusman, Kenji Satake, Tomoko Goto and Tomoyuki Takahashi

第70回セメント技術大会で以下の研究発表を行いました。(2016年5月10日)

 天然ゼオライトと酸化チタン粉末を用いたモルタル基盤材料の電気抵抗率と配合,勝間田成,鈴木信一郎,徳重英信,高橋智幸

European Geosciences Union General Assembly 2016で以下の研究発表を行いました。(2016年4月21日)

 Basic hydraulic experiment on the saturated concentration of suspended load due to tsunamis, Tomoyuki Takahashi and Shiho Somekawa

平成27年度東北地域自然災害科学研究集会で以下の研究発表を行いました。(2016年1月9日)

 東日本大震災における宮城県志津川湾の藻場消失に及ぼした津波土砂移動の影響,山下啓,菅原大助,今村文彦,高橋智幸